カクテル
Mojito Cocktail

モヒート

本場ハバナの味
Rating :
3.5
(16 votes)

ハバナのエネルギーや情熱を感じさせる本物のキューバンモヒートを楽しむためのレシピをご紹介します。

ハバナクラブ3年、新鮮なミントの葉、ライム、砂糖、そしてキューバらしい情熱を込めて作れば、本場キューバの味をいつでもお楽しみいただけます。

材料

  • 砂糖

    小さじ 2

  • ライムジュース

    1/2個分

  • ミントの小枝

    適量

  • 炭酸水

    90ml

  • ハバナクラブ3年

    45ml

  • キューブアイス

    適量

作り方

トールグラスに、砂糖、ライムジュース、ミントの小枝、炭酸水を加え、そっとマドルします。

ハバナクラブ3年とキューブアイスを加え、よくかき混ぜます。

Rate this cocktail :

歴史

キューバ生まれの伝統的なカクテル、モヒート。ある言い伝えによるとその歴史は16世紀にまでさかのぼります。当時このカクテルは、イギリスの海賊で奴隷商人だったフランシス・ドレイクにちなみ、「エル・ドラケ」と呼ばれていたそうです。当時使われていたラム酒のさきがけ「タフィア」は、粗雑な味わいため、添加物も加えられていました。19世紀に入り、銅製の蒸留器や熟成技術の導入により、味は確実に向上し、現在のラムの原型が出来上がりました。モヒートの名前に関しては、料理の味付けに使われるライムを使ったキューバのソース「モホ」から来ていると主張する人もいます。材料のライムを考えると、「小さなモホ」(スペイン語で「モヒート」)を入れたカクテルとして「モヒート」の名が生まれたのかも知れません。

Iframe